Advanced Custom Fields

Advanced Custom Fieldsを使ってみて気づいたが、サイト内検索でカスタムフィールドに入れた値(テキストなど)は検索に引っかからないようなので調べてみたら、Custom Fields Searchというプラグインで解決。

Download Monitorというプラグインが、アップデートしたらおかしくなったので、慌てて以前のものに戻した。。。
テスト段階でよかった。。。

iPhone Photograph

iPhone Photographというサイトを作りました。
3日程で作ったので、作りの甘い部分は多々ありますがw

まあ、iPhoneでそこそこ綺麗に撮れた写真のみまとめておきたいなーって思ったのがきっかけなので、行き当たりばったり的なw

少しずつですが、手を加えていくかもしれません。

基本的には、自分用なのでブラウザ確認とか面倒な事は一切しておりません。
ご利用も自由にどうぞ。

ただし、WEBにアップするにあたってサイズのみ元サイズより小さくしてあるので、もっと大きいのが欲しいと思ったらご一報ください。

slimbox Plugin for wordpress

slimbox Plugin for wordpressというlightbox系のプラグインをカスタマイズ

1枚1枚の拡大表示なら何も問題ないのですが、自分でグループ化したかったので、
少しだけカスタマイズしました。

slimebox.phpの
<a$1href=$2.$3\” $4rel=\”lightbox$kakko\” />

こうなってる所を

<a$1href=$2.$3\” $4 />

こうしました。

 

こうすると、画像を投稿する際に自分で、rel=”lightbox[sample]”というように入れ
sample部分をそれぞれグループ化したい名称にすればOK

Sass

Sassというのを最近少しだけ耳にするようになりました。
なんだそれ?って思って調べてみると、まー、色々と出てくるわけです。

一瞬SaaSと勘違いしたが、一文字違うだけですが、全く別もの。
Saasは、まあ、僕にはあまり関係なさそうなので割愛w

Sassというのは、要はcssが楽に書けるようになりますよ的なw
ただ、楽になるとは言っても結局Sass専用の書き方を覚えなければいけないわけで。。。

Sassを調べててCompassやらSCOUTやら色々出てくるわけです。
ただ、一番いいかも?と思ったのは、cssのフレームワークがうまく利用できるかも?という事。

これらはまだ、調べてる段階でどこまで便利になるのか。
便利という気持ちになるまでに、どれだけの労力が必要なのかを検討しないとダメですね。

少し時間を取って、詳しく調べたいと思います。

カーネルパニック

久々にカーネルパニックが起きました。
まあ、何となく原因はわかってたので、覚え書きとして記しておこうかと。

まず、原因はソフトウェアとOSの各バージョンの対応が合ってなかった事。

インターネットセキュリティバリアというソフトウェアを使ってるのだが、随分前から使ってた。
もちろんバージョンも古い。

でも、特に問題なく動いてた。

で、久々に更新案内的なのがきて、何とかPremiumへアップグレードできまっせー的な内容。
ふむふむと思い、深く考えもせずできるものはやっとけ的なw

まあ、結果的にはそれが間違いだったのだが。。。

これはMacBook Proの方でやって特に問題なかったので、iMacでも問題ないだろうとやってしまった。

ただ、MacBook ProとiMacで大きく違ったのは、OSのバージョン。
MacBook Proは10.8 iMacは10.6だったのだ。

たぶん、何とかPremiumは最新のOSのバージョンである10.8で作動するものだったのだろう。

10.6にインストールし、再起動した瞬間、、、、カーネルパニック!

さて、焦りつつも冷静に対処。
まずは、PRAMクリア。
それでダメなら、セーフモード起動。

PRAMがダメだったので、セーフモードで起動を試み成功。
とりあえず、起動はしたので、原因である何とかPremiumをアンインストール。

そして、再起動でなんとか復活!

ふぅ〜、、焦ったぜw

あ、ちなみMacが起動しなくなって焦る場合がある方もいると思うので、
その時はどういう対処をすべきかをうまくまとめたサイトがあったので、記載しておきます。

自分でできる「Macが起動しないときの5つの対処法」

Lightview Plus

WordPressでLightview Plusのプラグインを入れ、いつも通りの手順で有効化して、さぁOKだと思ったらグループ化がちょいと面倒な事に。

そのままだと自動でdata-lightview-group=”group-投稿番号”っていうのが入ってしまうので、自分でグループ化できない。
さて困ったと思ったけど、結局どこかにこれを自動で入れろ的な命令文があるのはわかるので、それを探したらやっぱりありましたよ。

libsの中のcore.phpの中に

function create_link_attr($content = ‘image’) {
switch($this->_get_plugin_name()) {
case ‘topup-plus’:

break;
case ‘fancybox-plus’:
if ($content == ‘image’) {
$attr = sprintf(‘class=”fancyboxgroup” rel=”gallery-%s”‘, $GLOBALS[‘post’]->ID);
} elseif ($content == ‘video’) {
$attr = ‘title=”###VIDEOTITLE###” class=”fancybox###MEDIATYPE### {width: ###WIDTH###,height: ###HEIGHT###}”‘;
}
break;
default:
case ‘lightview-plus’:
if ($content == ‘image’) {
$attr = sprintf(‘class=”lightview” data-lightview-group=”group-%s” data-lightview-options=”%s”‘, $GLOBALS[‘post’]->ID, $this->get_data_lightview_options());
} elseif ($content == ‘video’) {
$attr = ‘data-lightview-title=”###VIDEOTITLE###” data-lightview-options=”width: ###WIDTH###, height: ###HEIGHT###, ‘. $this->get_data_lightview_options() .'” class=”lightview” data-lightview-type=”###MEDIATYPE###”‘;
}

break;
}
return $attr;
}

という記述があるので、

default:
case ‘lightview-plus’:
if ($content == ‘image’) {
$attr = sprintf(‘class=”lightview” data-lightview-group=”group-%s” data-lightview-options=”%s”‘, $GLOBALS[‘post’]->ID, $this->get_data_lightview_options());
} elseif ($content == ‘video’) {
$attr = ‘data-lightview-title=”###VIDEOTITLE###” data-lightview-options=”width: ###WIDTH###, height: ###HEIGHT###, ‘. $this->get_data_lightview_options() .'” class=”lightview” data-lightview-type=”###MEDIATYPE###”‘;
}

break;

この部分の記述をとりあえず削ってみたら、なんとか解決。

RSS読み込み(追記)

少し前の記事(Link)で、RSS読み込みを実装したのですが、ここへ来て問題発生。

いくつか設定したRSSのうち、一つのRSSが表示してない事が判明。

 

さて、ここからが結構大変でした。

なぜ表示しないのかが全く検討もつかなかった。

色々とプログラマーの知り合いに聞いたりして分かった事は、RSSのバージョン違いのせいではないのかと。

きたぜバージョン違いw

 

 

DTPの頃もイラレのバージョン違い等でめんどくさかったが、Webをやってるとさらに色んなバージョン違いで頭を悩ます。

IEやブラウザのバージョン違い。

PHPのバージョン違い。

WordPressのバージョン違い。 等々

 

 

で、再度色々調べてみると、日付の書式が違う模様。

RSS2は[‘pubdate’]

RSS1は[‘dc’][‘date’]

 

つーことで、以前参考にさせてもらったブログ「wordpressに外部複数ブログ(アメブロ)のRSSをPR記事ぬいて新着順に表示」のプログラムの一部

$blog_date  = $blog['pubdate']; // 投稿日の取得

この部分を

// 投稿日の取得
if(isset($blog['pubdate'])){
 $blog_date  = $blog['pubdate'];
}elseif(isset($blog['dc']['date'])){
 $blog_date  = $blog['dc']['date'];
}

このように変更して無事完成しました。

ちょっぴり変わったお仕事

今まであまりやった事のないお仕事が入ってきました。

まあ、無事納品して評判も上々だったのでほっとしてる所です。

 

どんなお仕事かというと、請求書などの各書類のデザイン。

 

 

このお仕事を頂いた時に、ちょっと面白そーじゃないって正直思いましたw

各書類のデザインって自分ではしたいと思ってても、Excelなどの計算の便利さを覚えてからは、あまりデザインらしいデザインはしてなくて、Excelの便利さを覚える前は多少やってたけども。。。

で、実際やってみるとやっぱり結構面白い。

 

ただ、やっぱり日本独特なのか、これはここの位置じゃないと・・・とか、まあいわゆる既成概念的なのがあるわけで。。。

それを守りながらどうやるかっていうのも、それはそれでいいんですけど、もっと大胆に行きたかったかな〜という思いも少々あるわけで。

 

 

そこで、外国の請求書とかってどんなデザインがあるのか検索してみたところ、やっぱり面白いのがありますね。

こんな風にできたらもっと楽しいかもしれませんw

 

外国の請求書のデザインが載ってるサイト

 

 

こういうちょっとしたもののデザインまでちゃんと考えていけば、自然とブランディングもできていくのかもしれませんね。

RSS読み込み

WordPressで外部ブログのRSSを読み込み一覧を表示させる為に、SimplePieSimplePie Plugin for WordPressというプラグインがあったんだけど、これを使うと普通に表示できるんだけど、表示させたいブログが複数あると、日付順でのソートはできなかった。(できるかもしれないけど、僕は無理でした)

 

なので、日付順でソートできるものないかなーと探したら、やっぱりありましたよw

wordpressに外部複数ブログ(アメブロ)のRSSをPR記事ぬいて新着順に表示

 

 

いや〜、こういった情報を載せてくれる所はいつもいつもありがたいですね。

スマホ対応など。

最近はiPhoneやiPadやAndroidでWebサイトを閲覧する事が当たり前になってきました。
そうなると、当然のごとくそこに対応したサイト制作も・・・という流れになるわけで。。。

方法としては大きく分けて2通り。

1. iPhoneやiPad用のサイトを通常のPCサイトとは別に作る。
2. 最近よく言われているレスポンシブで作る。

レスポンシブというのは、作る物は一つなんだけど、メディアクエリやJavascriptで各デバイスに合ったcssを読み込み、表示を変更するもの。

それぞれの利点として、
1は、とにかく自由。
2は、素材を作り直さなくていいので楽。

それぞれの欠点
1は、iPhone用に作る素材いっぱい。
2は、グリッドレイアウトになりがち(グリッドレイアウトが悪いわけではないです)。グリッドで区切っておいたほうがcssでのレイアウトが楽なのでね。。。

どちらがいいとか悪いとかではなく、サイトの意向と制作時間と制作予算との兼ね合いかなー。

グリッドレイアウトで問題なければ2の方がいいような気がします。
もしくはグリッドレイアウトなのにグリッドレイアウトに見えないデザインとか。

こうなると、手を動かす前にしっかりとした設計を頭の中で整理しながら作らなきゃいけないので、何かと時間がかかる。

1ならば、頭の中はそうでもなく、しょっぱなからデザインを考えていけるから楽だけど、制作物自体の量は増えるから、最終的な時間は変わらないのかも。

制作後の事も考えたら2の方がいいような気もするし。

まあ、まだまだ悩みどころです。

案件状況

やばいっす。忙しいっす。

 

進行中(最終段階)の案件、3件。

進行中(中期段階)の案件、2件。

進行中(初期段階)の案件、2件。

進行中(これから始まる)の案件、2件。

 

この中で比較的軽めのものは1件だけ。

 

うーん、なんとかがんばりまーす。

五十音順でのソート表示

日本語ってめんどくさいですねw

英語でソートするのは問題ないけども、日本語だと何かと大変。

参考にさせてもらったサイトでも書いてあるけど、日本語はひらがな・カタカナ・漢字そして英語も使ったり様々。

 

で、ちょっとお仕事で人の名前を五十音順でソートする必要があり、名前と言えば漢字ですよね〜〜。。。

しかも読み方も様々。

で、参考にさせてもらった所は最高な答えがw

 

ありがとうございまーす。

 

http://blog.tug.lomo.jp/?eid=990277